ダークマスターをつくる。オール富山キャスト募集

  • ダークマスターTOYAMA
  • タニノの舞台美術
  • 美術スタッフ募集
  • 応募フォーム

ダークマスターTOYAMA

タニノクロウ × オール富山

2018年1月、富山オーバード・ホール舞台上特設シアターで国内最終公演を終えた岸田國士戯曲賞受賞作「地獄谷温泉 無明ノ宿」に続き、オーバード・ホールが再びタニノクロウを迎え、新たな舞台を創る。作品は庭劇団ペニノの代表作として、2003年の初演から再演を重ねて根強い人気を誇る「ダークマスター」。原作は1995年に狩撫麻礼(かりぶ・まれい)が発表した短編漫画で、タニノは物語の舞台を富山に移し、新たに脚本を書き下ろす。富山でのキャストオーディション、美術スタッフの公募を行い構成する《オール富山》の座組みで、これまでにない試みに挑戦する。

作り込まれた緻密な舞台美術

タニノ率いる庭劇団ペニノは、圧倒的に作り込まれた舞台美術でも高い評価を得ている。「地獄谷温泉 無明ノ宿」では巨大な二階建ての温泉宿を丸ごと回転舞台の上に建て込み、鮮やかな舞台転換を実現した。その美術を手掛けたのが、稲田美智子。今回の「ダークマスター」では稲田の指導のもと、舞台美術を製作するスタッフを募集する。経歴は不問。2019年3月の本公演に向けて、共に挑戦してくれる方を求む。

全てを富山で創る

物語の舞台となるのは、富山のどこの街角にでもありそうな食事処。入口のドア、カウンター席から厨房、階段まで全てを美術セットとして作り、オーバード・ホールの舞台上に架空の店舗を出現させる。またリアリティのある空間を再現するため、壁や天井、小道具に至るまで、全てに長年使い込まれたようなディティールを施していく。この公演のためだけの舞台美術が生まれていく。

タニノの舞台美術

劇場に入った瞬間、空気が一変する

富山県出身で元精神科医という異色のキャリアを持つタニノクロウ。自身が主宰する庭劇団ペニノで作・演出を手がけ、国内外で数々の作品を発表。各地で高い評価を得ている。その演出は劇場に入った瞬間から始まっている。徹底して作り込まれた舞台美術はタニノのスケッチから生まれ、絶対的な信頼を置く舞台美術家と美術スタッフの手によって実現されてきた。小劇場という空間を最大限に生かし、作品世界に入り込んだかのような演劇体験を実現する。

美術指導:稲田美智子(舞台美術家)

長崎県出身。早稲田大学第一文学部、美術史学専修卒業。在学中に演劇、舞台美術に出会い、学内学外の劇団の美術を始める。卒業後はフリーの舞台美術家として、小劇場を中心に様々な団体の舞台美術を担当。近年の主な参加作品は「秘密の花園」(唐十郎 作、福原充則 演出)、「アスファルト・キス」(フランコ・フィギュレド+古城十忍 演出)等。タニノ作品には、2010年「苛々する大人の絵本」ヨーロッパツアーに美術スタッフとして初参加。以降、2012年「誰も知らない貴方の部屋」ヨーロッパツアー、北米ツアーに美術進行スタッフとして、2013年「大きなトランクの中の箱」、2015年「地獄谷温泉 無明ノ宿」に舞台美術プランナーとして参加。

タニノクロウ(劇作・演出家)

1976年富山県出身。庭劇団ペニノの主宰、座付き劇作・演出家。セゾン文化財団シニアフェロー(2015年まで)。2000年医学部在学中に庭劇団ペニノを旗揚げ。以降全作品の脚本・演出を手掛ける。ヨーロッパを中心に、国内外の主要な演劇祭に多数招聘。劇団公演以外では、2011年1月には東京芸術劇場主催公演で「チェーホフ?!」の作・演出を担当。狂気と紙一重な美しい精神世界を表現し、好評を得る。2015年3月ドイツにて新作「水の檻」を発表。2016年「地獄谷温泉 無明ノ宿」にて第60回岸田國士戯曲賞受賞。2016年北日本新聞芸術選奨受賞、第71回文化庁芸術祭優秀賞受賞。

本公演

募集概要

募集人数 15名程度 ※応募多数の場合、抽選
募集対象・条件 高校生以上
演劇が好きな人、 舞台美術に興味のある人
舞台道具を作ってみたい人、やる気のある人
経験は問いません。 未経験者大歓迎!
製作
スケジュール
2018年10月~2019年3月3日(日)までの土・日・祝日にて不定期開催
※全日参加できない方もご応募いただけます。 製作日程は別途ご連絡します。
※稲田美智子による指導は月に1回~2回程度となります。それ以外は、オーバード・ホール舞台技術スタッフのもとで製作を進めます。
※土曜日は午後~夜にかけて、日曜・祝日は午前~夕方にかけて作業する予定です。
※2019年3月3日より舞台仕込開始の予定です。
製作場所 富山市内(富山駅周辺)を予定
応募方法 下記リンクボタンの応募フォームよりお申込みください。
応募期間 2018年6月20日(水)~8月31日(金)
お問い合わせ先 (公財)富山市民文化事業団 総務企画課
TEL.076-445-5610(平日8:30~17:15)

応募フォームキャストオーディションはこちら

同時募集:実際の公演で使用する舞台セット、小道具を募集します!

使用しなくなったテーブルや食器などがあれば、お譲りください。

◆募集
①カウンターテーブル(7人程座れる大きさ、形は問わず)
②食器(定食屋さんなどで出てきそうなもの)

◆エントリー方法
①お名前、②連絡先(電話番号もしくはメールアドレス)、③提供いただけるもの(お皿、コップなど明記)
以上を本文に記載し、写真データを添付して、メールにてお送りください。内容を確認してご連絡いたします。
※実際に使用することになった場合、返却できませんのでご了承ください。

メールアドレス kikaku1@aubade.or.jp   件名「ダークマスター舞台セット小道具係」

ダークマスター 2019 TOYAMA 公演概要

日程 2019年3月7日(木)~10日(日) 5回公演(予定)
会場 オーバード・ホール舞台上特設シアター
原作 原作:狩撫麻礼
画:泉晴紀 (株)エンターブレイン「オトナの漫画」所収
脚色・演出 タニノクロウ
美術 稲田美智子
照明 渡部良一
音響・映像 曽根朗
技術監督 毎熊文崇
演出助手 広田郁世、宇野津達也
広報アートディレクション 橋本利久、山本あゆみ(Rikyu Design)
制作 塚田瑠美
プロデューサー 福岡美奈子
芸術監督 須藤晃
主催 (公財)富山市民文化事業団、富山市

応募フォーム

【募集は終了しました!】

ダークマスター 2019 TOYAMA
美術スタッフ募集

必要事項をご記入のうえ、「確認」ボタンを押してください。送信できない場合は、お手数をおかけしますが電話にてお問合せください。

お問合せ先/(公財)富山市民文化事業団 総務企画課 ☎076-445-5610 (平日8:30~17:15)

注意事項

以下3点にご同意いただき、お申込みください。

1. 応募多数の場合
応募多数の場合は抽選といたします。
2. 個人情報の取り扱いについて
応募にかかわる個人情報は、本公演の開催・運営、およびそれに関連する業務のために必要な範囲内でのみ利用させていただきます。予めご了承ください。
3. 取材について
テレビ・新聞など、報道関係者が取材をさせていただく場合がございます。
写真やインタビューが放送・記事となる可能性があることを予めご了承ください。
前の画面に戻る