「コミュニティ・アーツ・ワークショップ」のこと。

コラム

SHARE

 

今年も残すところ僅かとなりました。

中ホールの開館もあり、とても慌ただしかった2023年が終わろうとしています。

おかげさまで、この1年もさまざまな事業を無事に実施することができ、感謝の年の瀬です。

 

さて、今年で3年目を迎えた「コミュニティ・アーツ・ワークショップ2023」も、たくさんのあたたかなお気持ちとご協力のもと終えることができました。

障がいのある方たちとダンスを通じてふれあい、空間や時間を共有しませんか?というこの企画。

富山市民芸術創造センターで主に行っているワークショップなのですが、今年は開館記念ということで、中ホールのステージのうえでも開催してみました。

広いステージも客席もぜんぶを感じながらみんなでおどることができ、音楽や笑顔にかこまれて、ほんとうに楽しかったです。

劇場ならではの演出を!きっとみんな喜んでくださるにちがいない!という願いが叶い、夏なのに白い雪がステージのうえに舞い降りていました。

 

心強い、素敵なメンバーとご一緒しているこのワークショップ。

講師である〝なかむらくるみ″さんと、音楽家の〝ヤマダベン″さんからコメントをいただいておりました。遅くなりましたが、お届けを。

「コミュニティ・アーツ・ワークショップ2023」


https://www.aubade.or.jp/static/workshop/community_arts2023/

 

この「コミュニティ・アーツ・ワークショップ」ですが、こんなふうに皆さんに集まって参加してもらうワークショップと平行して、こちらから支援学校等へ伺う形のアウトリーチ活動も大切な取り組みとして実施しています。

このアウトリーチワークショップも3年目。

今年は、富山県立しらとり支援学校さんに10月と11月の2日間おじゃますることができました。

みんなそれぞれで参加してくれます。楽器のそばで寝転んでいる子、ドンドンドンドンしている子。

みんなで思い切り色紙をビリビリやぶったら、こんな素敵なアート作品だって出来上がります。

 

 

さて、このワークショップの始まりなどのお話を少し。

 

その昔、この仕事をやめようと悩んでいる時期が私にはありました

車椅子のダンサーたちと一緒に支援学校にアウトリーチワークショップに行ったのは、そんな時でした。

あの体育館で感じていたことを言語化するとしたら、それは、とても豊かな時間でした。

世界的な舞台芸術の素晴らしさとも、市民参加の舞台で込み上げた感動とも違う、初めての感覚。このお仕事に携わっていて良かった、と心から思うことができた瞬間でした。

それから今まで、いろんな事業に取り組んできましたが、心の奥に、忘れられないあの時間がありました。

 

そして、つねづね感じていました。

いろんなワークショップ等を開催していますが、障がいのある方たちに参加してもらいやすいようなものが無いのかもなぁ、私のようにいろいろ自信のない人も参加しやすいようなものが少ないのかもなぁと。

私自身、上手い下手があったり、まわりと合わせなくてはいけなかったりするようなワークショップは苦手だったりします。

 

そんな、ずっとあたためていた想いを込めて、人と芸術文化がゆるやかにつながりますようにと始めたのが、この「コミュニテイ・アーツ・ワークショップ」です。

くるみさんに、このようなワークショップを、とお願いのお電話を初めてした時、私は熱い想いをお伝えしていたようで、はっきり覚えていないのですが、その時くるみさんが言ってくださったこと、「そんな世の中になるといいですね」だけはしっかりと覚えています。

 

1年目の参加申込期間は、コロナの感染拡大ピークに重なり、波乱の幕開け。

それでも、なんやかんやと3年目です。

こうした方がよかったのでは、と省みること、こうした方がよいのでは、と悩むこと、迷うこともありますが、いつも、ワークショップの後は、やっぱり今日も楽しかったなぁと空を見上げたいような気持ちになります。

うらやましいぐらいのユニークな発想と表現に魅了されることもしばしば。

このワークショプでおどっていると(私たちも、おどります)、芸術文化の自由さ、やわらかさが嬉しくなります。

だって、個性的なことこそ素敵、なんですから。

 

2023年も、たくさんの方に出会うことができました。

言語化するとしたら、私の世界は少し広がり、おそらく少し幸せになりました。

 

私の中には勝手に、このワークショプのテーマソング、テーマフレーズがあります。

敬愛するKANさんの曲のワンフレーズが、ずっと頭の中をくるくるまわって、私の背中を押してくれます。

 

「よければ一緒に そのほうが楽しい」

 

そんな想いで取り組んでいるワークショップです。

みなさんとゆるやかにつながれますように。

 

2024年も、「コミュニティ・アーツ・ワークショップ」を、オーバード・ホールをよろしくお願いいたします!

みなさま、どうぞ良いお年を。

PAGE TOP