menu

中ホール

2024年8月07日(水)

オーバード・キッズシアター

音楽劇『死んだかいぞく』

中ホール

2024年8月07日(水)

オーバード・キッズシアター

音楽劇『死んだかいぞく』

「生と死」を考える絵本『死んだかいぞく』がノゾエ征爾の脚本・演出で舞台化。
原作の下田昌克が自ら手掛ける美術・衣裳・小道具デザインにもご注目!

時間 11:00開演/15:00開演
※開場は開演の30分前
会場 オーバード・ホール 中ホール
料⾦ おとな:3,500円
こども(18歳未満):1,000円[全席指定・税込]
アスネット会員
先行発売
5月25日(土)のみ
一般発売 6月2日(日)~
お問い合わせ チケットについて:076-445-5511(10:00~18:00/定休日:月)
公演について:076-445-5610(平日 8:30~17:15)

menu

公演情報

三日月のよる、ふねの うえで かいぞくが はらを さされた。

いつも いばってばかりいるから。

ほんとうは つよいらしいけれど、

いつも よっぱらっていたから かんたんに さされた。 (本文より)

あらすじ

いつもいばってばかりいたかいぞくが殺され、海に投げ出される。
体が海に沈みゆく中、海の生き物たちが次々と現れ、かいぞくが身につけているものを一つ、また一つと取っていく。
帽子、宝石、服、そして……。
「ああ、オレの大切なものを持っていかないでくれ!」
その一つ一つから見えてくるかいぞくの人生。
そうしてさかのぼっていった先にたどりつくのは……。

スタッフ・キャスト

原作:下田昌克(ポプラ社の絵本『死んだかいぞく』より)
脚本・演出:ノゾエ征爾
音楽:田中 馨
美術・衣裳・小道具デザイン:下田昌克

<出演>
山内圭哉、山下リオ、家納ジュンコ、竹口龍茶、熊谷拓明、片岡正二郎
ミュージシャン:田中 馨、東郷清丸

コメント&プロフィール

原作/美術・衣裳・小道具デザイン:下田昌克(しもだ まさかつ)

■コメント
主人公は殺されたかいぞくです。死んでいるので絵本の中ではまったく動きません。しかも舞台は夜の海の中、、、真っ暗です。
さてどうしましょう?どうなるんでしょう?ノゾエさん!すごく楽しみにしてます。

[プロフィール]
1967年生まれ。兵庫県神戸育ち。画家、アーティスト。94年から2年間、中国、チベット、ネパール、インド、ヨーロッパを巡り、出会った人々のポートレイトを描く。97年、日本に持ち帰った絵で週刊誌での連載を開始し、本格的に絵の仕事を開始。現在はイラスト、絵本などの創作活動とともに、布を使った恐竜作品の制作も行う。2018年のメンズコレクションのショーにてコム デ ギャルソン・オム・プリュスにそのヘッドピースが採用され、パリコレに恐竜が登場した。主な著作に『PRIVATE WORLD』(山と渓谷社)、『恐竜がいた』(スイッチパブリッシング)など。近著に『よるがやってくる』(こぐま社)、詩人 谷川俊太郎との共著『ハダカだから』(スイッチパブリッシング)がある。宮本亜門演出の舞台『ピノキオ~または白雪姫の悲劇~』では舞台美術を、ノゾエ征爾演出の舞台『ボクの穴、彼の穴』では衣裳・小道具デザインを手掛けた。

脚本・演出:ノゾエ征爾(のぞえ せいじ)

■コメント
タイトルの通り、かいぞくが死ぬところから始まるわけです。なんて絵本だって?とんでもない。なんて美しいお話なのだと、そう深く魅了されたこの物語を、おこがましくも舞台化したいなどと思い続けて、こうして実現させていただける運びとなり、感謝と喜びに満ちております。素晴らしい俳優さんと音楽家、スタッフさんも揃い、原作の下田さんも美術に衣装にと参戦してくださる。探検隊としてはこれ以上ない布陣と思われます。この夏、いい歳の者たちで汗まみれになって、きっとキラキラのお宝をみつけてみせます。

[プロフィール]
脚本家・演出家・俳優・劇団「はえぎわ」主宰。1995年、青山学院大学在学中に演劇を始める。99年に劇団「はえぎわ」を始動。以降、全作品の作・演出を手掛ける。2012年、はえぎわ公演『○○トアル風景』にて、第56回岸田國士戯曲賞受賞。さいたまスーパーアリーナで約1,600人の高齢者が出演した大群集劇「1万人のゴールド・シアター2016」の上演、松尾スズキ原作の絵本を舞台化した『気づかいルーシー』など劇団外でも活躍。近年の主な演出作品に、『物理学者たち』、『明るい夜に出かけて』、『ガラパコスパコス〜進化してんのかしてないのか〜』、はえぎわ×彩の国さいたま芸術劇場『マクベス』などがある。4月13日から新国立劇場の舞台『デカローグ』1&3に出演予定。

ⒸSatoshi Minakawa

出演:山内圭哉(やまうち たかや)

■コメント
まず殺されるところから始まり、奪われ続けていくだけのこの不思議な「死んだかいぞく」という作品を、どのように舞台にのっけるのか?原作ファンのみならず、かいぞくを演じさせていただく私自身とても興味があります。
ノゾエさんはじめスタッフの皆様、共演者の皆様と共に、この「死んだかいぞく」の世界を存分に堪能したいと思っております。

[プロフィール]
1971年生まれ。大阪府出身。84年、映画『瀬戸内少年野球団』で子役としてデビュー。舞台を中心に映画、ドラマに数多く出演するほか、バンド活動も行っている。近年の主な出演作に舞台『アジアの女』、『偽義経冥界歌』、『ベイジルタウンの女神』、『王将』-三部作-、『イモンドの勝負』、『世界は笑う』、『歌妖曲〜中川大志之丞変化〜』、『パラサイト』、『眠くなっちゃった』、『モンスターコールズ』、映画『空母いぶき』、『引っ越し大名!』、『アキラとあきら』『1秒先の彼』、ドラマ『獣になれない私たち』、『川のほとりで』、『青天を衝け』、『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』、『闇金サイハラさん』など。ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(2016年)にて第5回コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演男優賞授賞。

チケット

チケット発売日

アスネット会員先行:5月25日(土)10:00~23:59
一般発売:6月2日(日)10:00~

※アスネットカウンターの営業時間は10:00~18:00

チケット料金

おとな:3,500円
こども(18歳未満):1,000円[全席指定・税込]

※推奨年齢4歳以上。
※2歳以下は膝上鑑賞無料(保護者1名につき、お子様1名まで)。ただし、席が必要な場合はこども券をお買い求めください。
※車椅子席は事前予約が必要です。アスネットカウンターのみ取り扱います。
※営利目的のチケットの転売は固くお断りします。
※やむを得ない事情により、出演者が変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※公演中止の場合を除き、ご購入済みのチケットの変更、キャンセル等はお受けできません。

アスネット

アスネットオンラインチケット(24時間予約可※発売初日は10:00~)
・アスネットカウンター(オーバード・ホール 大ホール1階)TEL.076-445-5511
 営業時間/10:00~18:00 定休日/毎週月曜日(月曜が祝日の場合、翌平日休み)

その他のプレイガイド

チケットぴあ[Pコード:526-776]
ローソンチケット[Lコード:55004]


企画・製作

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

主催

(公財)富山市民文化事業団、富山市

共催

北日本新聞社

助成

独立行政法人日本芸術文化振興会

お問合せ

(公財)富山市民文化事業団 TEL.076-445-5610(平日8:30-17:15)

おすすめ公演

主催公演 中ホール

日時 2024年8月25日(日)
14:00開演 ※開場は開演の30分前

人形劇俳優“たいらじょう”の世界 『お花のハナックの物語』

PAGE TOP