menu

中ホール

2023年7月15日(土)〜2023年7月17日(月)

オーバード・ホール 中ホール開館記念

come come THEATER!

中ホール

2023年7月15日(土)〜2023年7月17日(月)

オーバード・ホール 中ホール開館記念

come come THEATER!

音楽とダンスでめぐるバックステージ!

時間 7/15(土) 11:00 / 15:00 
7/16(日) 11:00 / 15:00 
7/17(月・祝) 11:00 
※開場 各回30分前、所要時間 約90分
会場 オーバード・ホール 中ホール
料⾦ 1,000円[税込]
⼀般販売 6月9日(金)10:00~

menu

イベント情報

オーバード・ホール 中ホールの開館を記念した、バックステージツアー「カムカムシアター!」は2部構成です。

バックヤードを歩いてめぐる1部「回遊の宴」では、日頃は行くことのできない奈落や楽屋、天井など…行く先では様々なパフォーマーが登場!
2部「歓喜の宴」では、全員がステージに集まってHAPPYなパフォーマンスを体感します!

民謡にジャズ、ヴァイオリン、ダンスに演劇!?
ユニークなナビゲーターが連れていく先はどこ?

いろんな場所をぐるぐるめぐるので、動きやすい服装、歩きやすい靴でご参加くださいね。

さあ、「みんなが集える新しい広場」中ホールの誕生を一緒に祝いましょう!

 

キャスト・スタッフ

総合演出・振付・舞踊指導:田畑真希

「回遊の宴」音楽監修・出演:ヤマダベン

「歓喜の宴」音楽監修・器楽演奏指導・出演:YASSY

<出演>
◆ダンス タバマ企画
カスヤ マリコ
黒田 杏菜
中村 理

◆1部「回遊の宴」
ヤマダ ベン     パーカッション
寺崎 美幸      歌
大久保 貴寛     ヴァイオリン
小泉 こうのすけ   ギター

◆2部「歓喜の宴」 
BLACK BOTTOM BRASS BAND
YUTA919     トランペット
YASSY    トロンボーン
IGGY      テナーサクソフォン
TAMOTSU   スーザフォン
SEIYA     スネアドラム
ANTON    バスドラム

◆1部ナビゲーター
寺山 晋
野路 大介  
長谷川 万葉
室田 勝
結城 まゆみ

◆開運舞踊団
青柳 俊子、池田 育代、池田 和人、稲葉 千鶴、岩井 洋子、大辻󠄀 典子、大西 麗子、奥野 琴子、奥野 のり子、唐﨑 由紀、唐﨑 里桜、工藤 愛琉、工藤 雫月、四宮 裕子、柴田 恵、嶋倉 舞姫、新村 真弓、杉山 千鶴、高木 幸美、陳 黛英、津里 真綾、津里 ゆかり、中田 美唆緒、中野 ひとみ、中 やよい、ニトム、橋本 瑞穂、長谷川 満美、谷 睦子、くに、林 リュウ、堀田 益代、松村 美沙子、村田 洋子、山﨑 咲知、吉澤 響、吉村 優音、米澤 香

◆開運音楽団
ヴァイオリン     松井 孝夫、松井 俊成
鍵盤ハーモニカ    野上 いくこ、野上 こはる
バグパイプ      湯浅 楓花
アコースティックギター  内山 勇、駒澤 由真
ピッコロ      長森 佐治子
フルート            山岸 弘美
クラリネット     中口 邦恵
アルトサクソフォン  清水 明子
ホルン        小橋 幸香
トランペット     野崎 和仁 
トロンボーン     長森 稔、荒木 美緒
ユーフォニアム    前田 尚成
パーカッション    五十嵐 公一、小林 勇治

プロフィール

総合演出・振付・舞踊指導 田畑真希

タバマ企画主宰。3歳からクラシックバレエを始める。更なる表現を追及するため桐朋学園短期大学演劇科に入学。様々なジャンルの身体表現を学ぶ。滑稽なまでにガムシャラに、ユーモアを散りばめながら丁寧に時間を紡ぐ作風には定評があり、国内外で活動。7カ国18都市にて作品を上演し好評を得る。近年は、インクルーシブダンスWSや作品創作、様々な世代を対象としたWSを展開し、性別、年齢、国籍、障がいの有無などの差異を超えて、誰もが楽 しみながら出来る身体表現の促進を目指す。

タバマ企画 (tabamaki.com)

「回遊の宴」音楽監修・出演 ヤマダベン

富山県富山市在住。パーカッション奏者。舞台で音を奏でることの始まりは、教会の小さな鐘を鳴らすことにはじまる。現在、吹く叩く鳴らす色彩豊かな音を同時に扱う独自のスタイルを模索中。ジャンルを越え、さまざまなアーティストとのライヴやレコーディングに参加。幅広い分野との共演。アート&ライヴの企画制作等、多様性を重視した活動を行っている。

「歓喜の宴」音楽監修・器楽演奏指導・出演 YASSY

BLACK BOTTOM BRASS BAND トロンボーン奏者&リーダー。
1993年、大阪音楽大学卒業後、BLACK BOTTOM BRASS BANDを結成。1996年、ポニーキャニオンよりメジャーデビュー。現在までに、アルバムを25枚発表。全国各地ライブの他、フジロック・台中ジャズ・ダラムブラス など多くの国内外のロック・ジャズフェスに参加。また、綾戸智恵・トータス松本・斉藤和義・aiko・MONGOL800・藤原聡(ofcial髭男dism) など様々なアーティストとのコラボレーションや、ツアー・レコーディングに参加。トロンボーンを、土橋康宏・呉信一・スコットハートマンの各氏に師事。ジャズ・ポップスの経験から行われる吹奏楽指導は独特で面白く、指揮でも観客を魅了している。2004 年より(一財)地域創造の登録アーティストとして、 全国各地の学校などで積極的にアウトリーチ活動に取り組んでいる。

出演

BLACK BOTTOM BRASS BAND

1993年に関西で結成。日本を代表するニューオリンズスタイルブラスバンド。その音楽性は多岐にわたり、様々なアーティストとコラボレーションすることで、ジャンルを超えて多様化し進化していく。ストリートパフォーマンスが話題となり、1996年にメジャーデビュー。以来、25枚のアルバムを発表。 最新作は『激情』(2021年発売)。全国各地をライブツアーで飛び回り、FUJI ROCK Fes・台中Jazz Fes などの国内外野外フェスに多数出演。また、音楽の楽しさをストレートに感じてもらうWorkShopも各地で好評を得ている。その場を一気に「祭り」にするそのFUNKY なGROOVE が世界中を駆け抜ける!

BLACK BOTTOM BRASS BANDオフィシャルサイト (bbbb1993.com)

民謡 寺崎美幸

民謡歌手。(公財)日本民謡協会民謡教授。富山県上市町出身。3歳より、父の影響で民謡を始める。上坂秀城氏に師事。2004年、(財)日本民謡協会全国大会内閣総理大臣賞。2005年、日本民謡フェスティバル2005でグランプリ。北日本新聞芸術選奨を受賞  2006年 富山県民謡10曲を収録した1stアルバム「民謡富山唄づくし」をリリース。富山県とロシア(ウラジオストク)との交流事業で初の海外公演  2010年 インドネシアのバリ島にて、現地の楽団との合同公演。2018年 2ndアルバム「うたごこち」をリリース  2022年、一般社団法人富山芸術文化協会 奨励賞受賞。
現在は「唄で人を幸せに」を目標に、日本の伝統文化である民謡を伝承する唄い手として、コンサート、イベント、LIVE、講演会、NHKの民謡番組等で、全国で 活動している。 胡弓、沖縄民謡の三線を習得。また、津軽三味線やパーカッション、ギターとのコラボレーションにも取り組 み、新しい可能性を探りながら民謡の魅力を伝えている。

ギター 小泉こうのすけ

富山県高岡市出身。ギタリスト、ベーシストであり、シンガーソングライター。作曲、アレンジ、ミックス、マスタリングもこなし、様々な音楽活動を繰り広げる。
オリジナル曲だけでなく、CMソングやよさこいなどの楽曲制作も手掛ける。

ヴァイオリン 大久保貴寛

ヴァイオリン奏者。愛知県生まれ。20代後半に会社を辞め音楽院へ。
音楽を通した幼児教育の指導者に。クラシック以外に舞踏家、画家、書家等ジャンルを超えた即興パフォーマンスを行い舞台音楽や映画での作曲演奏も行っている。

ダンス カスヤマリコ

7歳よりクラシックバレエを始め、ヨーロッパ及び北アメリカでコンテンポラリーダンスをメインに学ぶ。帰国後は様々な振付家の作品に参加し国内外の公演に出演。
タバマ企画(田畑真希主宰)には結成時より参加している。近年は田畑とともに「開運姉妹」として各地で踊りつつ愛とラッキーを人々に届けている。
2016年、身体や動きの面白さを実践する場として宇都宮にstudiomaricotを開講。

studio maricot – 宇都宮のピラティス、ダンススタジオ

ダンス 中村理

’07年に身体表現と出会い、様々な振付家/演出家の作品に出演。’17より田畑真希主宰「タバマ企画」に参加。自作品も多数発表し、’22には自身初のソロ公演を開催。近年の主な出演作としては『導かれるように間違う』(松井周 作/近藤良平 演出)、『ALIEN MIRROR BALLISM』(岩渕貞太 振付) などがある。
また、絵描きとしても活動し、’23には初の個展を開催。目に見えるもの/見えぬものの手触りや重さを手がかりに、踊る事・絵を描く事・生活する事のあわいを身体と共に行き来し続けている。

photo:田中洋二

ダンス 黒田杏菜

ダンサー・振付家。2010 年よりサウンドマルチメディアアーティスト David Kirkpatrick と Murasaki Penguin を始め、昨年横浜市戸塚区にスタジオ Murasaki Penguin Project Totsuka オー プン。ニブロール、KENTARO!!、田畑真希、室伏鴻、フィリップアダムス、ブルックアンド リュー、ショーネッドヒューズ、木村玲奈、シャーメインシートの作品出演、創作に携わ る。マーベル・スタジオ映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」出演、イン・リー役 ダブル。
Home – Murasaki Penguin

ダンス 開運舞踊団

2023年の年明けとともに、ダンサー田畑真希のもとに集いし市民ダンサーによって結成。2023年3月「楽市楽座」では切腹ピストルズと共演し、鮮烈なデビューを果たした。個性豊かなユニークなメンバーで構成されており、ハッピーを振り撒くパフォーマンスは見逃せない。

器楽演奏 開運音楽団

2023年5月、「カムカムシアター!」開催にともない公募で集まった市民メンバーで構成。BLACK BOTTOM BRASS BAND リーダーYASSYによる指導を重ねて、心浮き立つ音楽を演奏します。

チケット

チケット発売日

一般発売:6月9日(金)~

参加費

1,000円[税込]
※未就学児童の入場はご遠慮ください。
※車椅子など、ご参加の際にお手伝いが必要なお客様は、事前にご相談ください。
※公演の中止、延期を除き、ご購入済みのチケットの変更・キャンセル等はお受けできません。
※オーバード・ホールオフィシャルSNS用に写真や動画を撮影します。
またテレビ・新聞など、報道関係者が取材をさせていただく場合がございます。
写真やインタビューが放送・記事となる可能性があることをあらかじめご了承ください。

参加定員

各回 60名

ご参加時のお願い

劇場バックヤード部分もめぐる性質上、階段の上り下りや狭い通路を通る場面もございます。
危険を避けるためにも、当日は下記の服装でご参加ください。
・足元の見えやすい動きやすい服装
・歩きやすい靴

アスネット

アスネットオンラインチケット(24時間予約可※発売初日は10:00~)
・アスネットカウンター(オーバード・ホール 大ホール1階)TEL.076-445-5511
営業時間/10:00~18:00 定休日/毎週月曜日(月曜が祝日の場合、翌平日休み)

主催

(公財)富山市民文化事業団、富山市

共催

北日本新聞社

後援

北日本放送、富山テレビ放送、チューリップテレビ、FMとやま

企画制作・お問合せ

(公財)富山市民文化事業団 TEL.076-445-5610(平日8:30-17:15)

PAGE TOP