menu

大ホール

2024年11月17日(日)

スペイン国立バレエ団2024 日本公演

大ホール

2024年11月17日(日)

スペイン国立バレエ団2024 日本公演

フラメンコ・バレエの最高峰、洗練された伝統と美しき革新。

時間 14:00開演(13:15開場)
終演予定 16:00終演予定
※休憩含む
会場 オーバード・ホール 大ホール
料⾦ S席 13,000円 A席 11,000円
B席 8,000円 C席 5,000円
U-25 3,000円(50席限定)
[全席指定・税込]
アスネット会員
先行発売
8月17日(土)のみ
一般発売 8月25日(日)~
お問い合わせ チケットについて:076-445-5511(10:00~18:00/定休日:月)
公演について:076-445-5610(平日 8:30~17:15)

menu

公演情報

スペイン舞踊の最高峰として、精鋭ダンサーたちにより世界を魅了し続けているバレエ団、6年ぶりに来日決定!
ここ富山では、迫力の群舞を中心に、現代的なソロ作品など、世代の異なる振付家による多彩な作品を披露する。

心震える洗練されたステージ、華やかでダイナミックな魅力が堪能できる王道プログラムで、スペインの情熱を体感してほしい。

プログラム

まさに壮観!華やかでダイナミックな群舞の魅力が堪能できる王道プログラム

◆リトモス Ritmos
 宝石にも例えられる国立バレエ団の代表作。優雅で華麗なスペイン舞踊で冒頭を飾る。

◆パストレーラ Pastorela
 詩のように美しい、ピアノの生演奏による女性舞踊手のソロ作品。

◆ボレロ(ホセ・グラネーロ版) Bolero
 フラメンコの手拍子パルマや靴音をならすサパテアードで、スペインらしい力強さ、生命力を感じさせてくれる。

◆グリト Grito
 現代フラメンコの魅力が詰め込まれた大作。艶やかでエネルギッシュな群舞、官能的なデュオに圧巻のソロ、歌や演奏と、フラメンコのエッセンスを存分に満喫できる。

※一部の演目において、特別録音による音源を使用します

プロフィール

スペイン国立バレエ団 Ballet Nacional de España

1978年、スペイン文化省により創設。初代芸術監督にはアントニオ・ガデス(1978-1980)が就任、その後ルイス・ソレル(1980-1983)、マリア・デ・アビラ(1983-1986)、ホセ・アントニオ(1986-1992)、アウローラ・ポンス、 ナナ・ロルカ、ビクトリア・エウヘニア(1993-1997)、アイーダ・ゴメス(1998-2001)、エルビラ・アンド(2001-2004)、ホセ・アントニオ(2004-2011)、2011年~2019年アントニオ・ナハーロが歴任。2019年9月よりルベン・オルモが就任。
世界中の名高い劇場で、ホセ・グラネーロの「メデア」、マリエマの「ダンサ・イ・トロニオ」、アルベルト・ロルカの「リトモス」、ホセ・アントニオの「ソレールのファンダンゴ」、ホセ・アントニオの「三角帽子」、ピラール・ロペスの「アランフェス協奏曲」、アン トニオ・ガデスの「血の婚礼」「フエンテオベフナ」などを上演してきた。世界中の観客から愛され、数々の賞も受賞。ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の1988年シーズンの最優秀外国作品として批評家賞、1991年日本の批評家賞、1994年メキシコ・シティの最優秀バレエとして批評家賞、1999年スペインの新聞エル・パイス 誌(テンタシオネス)は「ポエタ(詩人)」に賞を授与した。2002年スペインのヘレスで行われたフラメンコ・フェスティバルでは、アント ニオ・ガデスの振付作品が批評家賞と大衆賞を同時に受賞している。日本でも高い人気を誇り、1989年の初来日以来、多くの熱心なファンを生み出している。

芸術監督 ルベン・オルモ Rubén Olmo

2019年9月1日から、アントニオ・ナハーロに代わって芸術監督に就任し、躍進を続ける鬼才ルベン・オルモ。1980年セビージャ生まれ。9歳からコンセルバトリオ(舞踊専門学院)に学び、14歳でアンダルシア舞踊団アトリエに学ぶ。16歳でハビエル・バロン舞踊団『パハロ・ネグロ』で初舞台。同年マドリードに出て、アイーダ・ゴメス舞踊団で活躍。18歳でスペイン国立バレエ団入団。ラモン・オジェール振り付け『セレスティーナ』で主役を踊る。2002年に退団。後は、エバ・ジェルバブエナ舞踊団、フラメンコ・ミュージカル『ロス・タラントス』、ラファエル・アマルゴ舞踊団などで活躍。2006年には自らの舞踊団を立ち上げ『ベルモンテ』「ピノキオ」(2007年)を上演。
2010年に上演した『トランキロ・アルボロト』でマントンを用いた振付が注目され、2011年から2013年までアンダルシア舞踊団監督を務め、2015年にはスペイン文化省の舞踊国家賞を受賞。2019年のへレス・フェスティバルでは作品『オラス・コンティゴ』で批評家賞を受賞した。スペイン舞踊の保護と普及、また前衛的な要素を取り入れ、フラメンコにも新しい潮流を取り入れることを信念とし、スペイン国立バレエ団のさらなる発展を目指している。

チケット

チケット発売日

アスネット会員先行発売:8月17日(土)のみ
一般発売:8月25日(日)10:00~

チケット料金

S席:13,000円
A席:11,000円

B席:8,000円
C席:5,000円

U-25:3,000円(50席限定)
[全席指定・税込]

※未就学児童入場不可。
※U-25:鑑賞時25歳以下対象。公演当日の空席よりお席をご用意します。開演の1時間前よりU-25受付にて鑑賞者ご本人の年齢がわかる身分証明書をご提示のうえ、座席指定券とお引換ください。アスネットカウンター、アスネットオンラインのみ取り扱います。
※車椅子席は事前予約が必要です。アスネットカウンターのみ取り扱います。ご希望の方は、事前に車椅子チケット(A席料金)のご購入をお願いします。
※営利目的のチケットの転売は固くお断りします。
※やむを得ぬ事情により、演目等が変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※公演の中止・延期を除き、ご購入済みのチケットの変更、キャンセル等はお受けできません。

アスネット

アスネットオンラインチケット(24時間予約可※発売初日は10:00~)
・アスネットカウンター(オーバード・ホール 大ホール1階)TEL.076-445-5511
営業時間/10:00~18:00 定休日/毎週月曜日(月曜が祝日の場合、翌平日休み)

その他プレイガイド

チケットぴあ[Pコード:527-815]
ローソンチケット[Lコード:52433]


主催

(公財)富山市民文化事業団、富山市

共催

北日本新聞社、チューリップテレビ、FMとやま

後援

駐日スペイン大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京、一般社団法人日本フラメンコ協会

お問合せ

(公財)富山市民文化事業団 TEL.076-445-5610(平日8:30~17:15)

PAGE TOP