公演・催し物

オーバード・ホール×ほとり座 特別上映会「ダンシングホームレス」

どん底を経験したホームレスによる“生きる舞”。
路上生活経験者のダンス集団「新人Hソケリッサ!」の姿を追ったドキュメンタリー、ついに富山で上映決定!

上映後、トークセッション+ダンスパフォーマンス
「新人Hソケリッサ!」と石川征樹(ギター)がオーバード・ホールの舞台に登場!

特集ページはこちら

すべてを捨て、唯一残った肉体が生み出す

路上生活経験者だけで構成されたダンスグループ「新人Hソケリッサ!」。
彼らは家を捨て、財産を捨て、家族を捨て、すべてを捨てて、唯一残った肉体を使い、自らのダンスを生み出す。決まった振付を教わるわけではない。路上生活を経験した身体から出てくるものを肉体表現へと昇華していく。グループの主宰者・アオキ裕キは言う。「思考も感情も放り、その時に生まれたものだけを踊りとして繋いでいく。それはすごく原始的なものかもしれない」。

 

 

切なくもユーモラスなこれまでにないダンス・ドキュメンタリー

物語は、新宿で路上生活をする西の日常から始まる。ダンサーを夢見たが、人間関係や借金問題に疲れ、ホームレスになった。一度は死も考えた西がソケリッサと出会う。そこには同じように、すべてから逃げてきた小磯、病を抱える横内、父親の暴力に苦悩した平川など、人生の辛酸をなめたメンバーがいた。そんな彼らはみな明るく、どこかユーモラスだ。
グループには、”人に危害を加えない”以外ルールはない。無断で休んでも構わない。アオキは言う「社会のルールがいいですか?」と。アオキは彼らのそのままを受け入れ、彼らも踊りを通してもう一度生きがいを取り戻していく。そしてクライマックスの自らをさらけ出す彼らの肉体表現に、観客の心はわしづかみにされる。
2005年に結成後、テレビなどの映像メディアを避けてきた「新人Hソケリッサ!」の初の長編映像記録。監督は新進気鋭のドキュメンタリスト・三浦渉。自らカメラを持ち、3年に渡って粘り強く彼らの日常と肉体表現を撮り続けた。人はなぜ踊るのか、その問いの答えがここにある。

CAST

新人Hソケリッサ!
2005年に結成したコンテンポラリー ダンスグループ。路上での公演活動を中心に活動。東京都美術館や金沢21世紀美術館、山形トリエンナーレ等でも公演。国内だけに留まらずリオ五輪プログラム「with one voice」や、イギリスでも公演を果たす。またアーティストの寺尾紗穂や箕輪☆狂介(厚介)、現代美術家とのコラボレーションも多数。NEXTREAM21最優秀賞受賞。
「新人Hソケリッサ!」公式HP  https://sokerissa.net/

公演概要

日程

2021年10月17日(日)

時間

13:30開演(13:00開場)
13:30~15:10 映画上映
15:15~16:45 「新人Hソリケッサ!」と石川征樹(ギター)によるダンスパフォーマンス+トークセッション
※時間は多少変更する場合がございます。

会場

オーバード・ホール

料金

<全席自由・税込> 一般2,500円 
※未就学児入場不可 ※客席は間隔を空けて販売します。※
※車椅子席はアスネットカウンター窓口またはお電話でお問合せください。

主催

(公財)富山市民文化事業団、ほとり座

後援

FMとやま

お問合せ

(公財)富山市民文化事業団 TEL076 445 5610 (平日8:30~17:15 )
ほとり座 TEL076 422 0821(11:30~19:00)http://hotori.jp/

チケット情報

アスネット会員先行発売 9月17日(金)のみ
一般発売日 9月25日(土)~

アスネットカウンター

TEL.076-445-5511
営業時間/10:00~18:00 定休日/毎週月曜日(月曜が祝日の場合、翌平日休み)

オンラインチケット購入
チケット購入について
アスネットカウンターについて

その他の
プレイガイド

ほとり座
ローソンチケット  (Lコード:55542)
チケットぴあ (Pコード:551-683)

前の画面に戻る

開催カレンダー CALENDER

2021年09月

   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30