オーバード・ホールとは

富山駅、徒歩2分。世界に誇れる劇場がある。

ようこそ、オーバード・ホールへ。

雄大な立山連峰に抱かれ、自然の恩恵を身近に感じる富山県。オーバード・ホールはその玄関口である富山駅から徒歩2分というアクセス抜群の場所に位置しています。

あらゆる演出を可能にする舞台

平成8年に「劇場都市とやま」の拠点として誕生したオーバード・ホールは、開館以来、優れた舞台機構を持つ劇場としてオペラやミューカル、バレエ、オーケストラなどジャンルを超えた多彩なステージをお届けしています。

舞台機構の最大の特徴は、「三面半舞台」。客席から見える主舞台のほか、奥と左右にも舞台があり、大掛かりなセットチェンジに対応するなど、あらゆる演出を可能にする巨大な空間を有します。

客席はイメージカラーの紫色で統一された4層5階から成ります。1,650席のオペラ形式、1,800席のコンサート形式、2,196席のコンベンション形式など、オペラ劇場でありながらも多彩なシーンに対応することができます。また、観客が舞台から近い距離で鑑賞できるよう工夫された設計になっており、演者と観客が一体となって臨場感を共有できます。

すべては舞台芸術の記憶へ-。

設計段階から【施設の全てが劇場である】というコンセプトで進められ、劇場内には大小合わせて80点を超えるアート作品が展示されています。それらは全て舞台芸術の記憶につながるように構成されています。メイン・ホワイエには力強く主張する現代アート、客席に至る様々な場所には舞台美術模型や世界各国の劇場ポスター、彫刻作品など多数ご覧いただけます。

日常の喧騒を離れ、どうぞオーバード・ホールで心豊かなひと時をお過ごしください。

劇場内の施設・サービス

劇場では快適にお過ごしいただけるよう、下記のサービスをご用意しています。

公演によりサービスを行わない場合があります。

メイン・ホワイエ

現代アートが配置された雰囲気でお客様をお迎えする劇場のエントラスです。ホワイエにはクロークやドリンクカウンター、インフォメーションがございます。

img06

インフォメーション

ご来場のお客様に客席や劇場内のご案内をします。お問い合わせにもお応えしますので、ご不明な点はお気軽にお尋ねください。

クローク

劇場内にはクロークがございます。リラックスして舞台鑑賞をお楽しみいただけるよう、コートや手荷物をお預かりします。

img03

ドリンクカウンター

ホワイエにございます。サンドウィッチなどの軽食や、コーヒー、ジュースなどドリンクをご用意しています。開演前や休憩時のひとときに、どうぞご利用ください。

img01

コインロッカー

1〜3階ギャラリーにコインロッカーをご用意しております。ご使用時に100円必要ですが、お荷物を取り出し際に返却するコインリターン式です。

img05

親子室

お子様連れの方のために、親子室が設けてあります。ご希望の方は劇場係員までお申し付けください。
なお、公演主催者の都合によりご利用いただけない場合もございます。

img02

チャイルドシート&
ブランケット

小さいお子様のためのチャイルドシート、寒い時期には膝掛用のブランケットをご用意していますご希望の方は劇場係員までお申し付けください。いずれも数に限りがありますので予めご了承ください。

img07

当日券カウンター

当日券を販売するカウンターです。
ただし、前売りが完売となっている等、当日券販売の有無については公演主催者にお問合せください。

オーバードホール・フロアガイドはこちら

概要

名称

オーバード・ホール(富山市芸術文化ホール)

所在地

〒930-0858 富山市牛島町9番28号

休館日

12月29日~1月3日(設備保守等のための臨時休館有)

敷地面積

8,628.20㎡

建築面積

7,644.62㎡

延床面積

24,255.57㎡

階数

地上5階・地下2階

構造

鉄骨鉄筋コンクリート一部鉄骨造

客席規模

定員:2,196席(固定席 2,050、可動席 134、車椅子席 12)
1・2階席(車椅子席12席含む):1,152席
3階席:316席
4階席:346席
5階席:382席

その他施設

リハーサル室(主舞台同等面積 約280㎡)
楽屋14室、スタッフルーム2室、グリーンルーム、楽屋事務室、救護室

開館

平成8年9月