トピックス・新着情報

2018.09.11(火) 

AUBADE HALL × 富山大学芸術文化学部【漆サックス TOYAMA Debut Concert】開催決定!

富山で生まれた、世界初の漆サクソフォン

2015年、当時富山大学に在学中の赤岩友梨江さんが卒業制作で手掛けたことがきっかけで生まれた“漆サクソフォン”(監修:富山大学)。漆で加飾されたソプラノ・アルト・テナー・バリトンの4本は「四季」というテーマのもと季節の花が描かれており、それぞれ楽器の煌めきと、漆ならではの艶が絶妙に共存しています。

「富山の学生が創り上げた美しい作品を是非ご紹介したい。」そんな想いからコンサートを開催することになりました。

演奏するのは、卓越した4人のサクソフォニストによって2011年に結成された新鋭のサクソフォンカルテット「JG」。今回の富山お披露目コンサートでは、クラシックに根ざしつつもサクソフォンという楽器の可能性を広げるジャンルを超えたプログラムをご用意しました。

伝統的な日本の美しさや遊び心を堪能できる、世界初の傑作サクソフォン。世界に1本ずつしか存在しない、唯一の音色をお楽しみください。

出演

サクソフォンカルテットJG

ソプラノサックス/津田真人、アルトサックス/近藤瑛美、テナーサックス/小林正憲、バリトンサックス/笹尾淳一

2011年より「JEMMY S.Q」として活動を開始。2016年に結成5年目を迎え、デビューアルバムをリリースすることを機に、グループ名を「JG」へ改名。「JG」とは「Jemmy Genic」の略で、我々より生まれる音楽的遺伝子を未来へ残していくという意味が込められている。

2016年6月日本初となる、サクソフォン全てをYANAGISAWA純銀製シルバーソニックを利用したサクソフォンカルテットとしてレコーディングを行う。結成時よりライブやコンサートを多数開催し、幅広いジャンルやパフォーマンス、美しいサウンドで好評を得ており、その様子をNHKでも放送・紹介される。また音楽現代、PIPERS、THE SAX、Band Journal、musician等の雑誌でも取り上げられ注目を集めている。第10回横浜国際音楽コンクール室内楽部門第2位(管打楽器最高位)を受賞。

プログラム

フォスター:ドゥーダー組曲
菅野由弘:Cat in the JG-BOX for Saxophone Quartet  猫はしばしば箱にもぐる IV
日本の四季メドレー ほか

日時

2018年11月2日(金)19:00開演(18:15開場)

会場

富山能楽堂

料金

一般2,500円 学生(大学生以下)1,500円 <全席自由・税込>
※未就学児童入場不可

チケット発売日

一般発売日:2018年9月14日(金)~

プレイガイド

アスネットカウンター TEL.076-445-5511 月曜日定休(月曜日が祝日の場合、翌平日休み)
アスネットオンラインチケット
アーツナビ
チケットぴあ TEL.0570-02-9999(Pコード129-321)

主催

(公財)富山市民文化事業団、富山市、富山大学芸術文化学部

共催

北日本新聞社、FMとやま

協力

柳澤管楽器株式会社

協賛

牛島屋

お問い合わせ

(公財)富山市民文化事業団 総務企画課 TEL.076-445-5610 (平日8:30~17:15)

カテゴリー

開催カレンダー CALENDER

2018年09月

      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30