キャスト&スタッフ|Me And My Girl(ミー&マイガール)
PageTop
トップページ
応援メッセージ公開中

Cast

  • TOP >
  • キャスト&スタッフ

cast profile

staff profile
キャスト・プロフィール
人物写真
富山県出身。県立富山工業高校から宝塚音楽学校へ入学するという珍しい経歴を持つ。1985年に宝塚歌劇団月組の男役トップスターとなり、「ミー&マイガール」を始めとする数々の名作を残し、一時代を築く。退団後は舞台を中心にコンサートや映像と活動の幅を拡げ、菊田一夫演劇賞、東京芸術劇場ミュージカル月間個人優秀賞、読売演劇大賞優秀女優賞などを受賞。オーバード・ホールでの名作ミュージカル上演シリーズには初回から出演している。なかでも日本初演となった第2弾「ハロー・ドーリー!」は、翌年すぐに再演され、その際、再び読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。また『ミュージカル』誌が選ぶ2013年年間女優ベスト1にも選出された。2014年、ライフワークとして上演し続けている「koibumi concert」(恋文コンサート)をモチーフとしたコンセプトアルバム「koibumi」をリリース。好評を得ている。
人物写真
徳島県出身。小学生の頃からミュージカルスクールWITH(内藤順子主宰)にて歌、ダンス、芝居を学ぶ。高校在学中に劇団四季に合格し、「ライオンキング」に出演。その後、音楽座ミュージカル/Rカンパニーに入団。「リトルプリンス」主演 王子役にて、音楽座の初舞台を踏む。その他、音楽座出演作品「アイ・ラブ・坊ちゃん」猫役、「七つの人形の恋物語」人形ジジ役、「メトロに乗って」貞子役、「シャボン玉とんだ宇宙までとんだ」和子役、「マドモアゼル・モーツァルト」「泣かないで」にも出演。20102月に音楽座ミュージカル/Rカンパニーを退団。退団後、201010月~スイセイミュージカル「FAME」セリーナ役、20114月~東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」少年1役、20118月~エステー化学主催「赤毛のアン」ダイアナ・バリー役にて出演。名作ミュージカル第2弾「ハロー・ドーリー!」、第4弾「ハロー・ドーリー!」再演にミニー・フェイ役で出演した。
人物写真
旧満州ハルピン出身。1954年第6期東宝ニューフェイスとして、「かくて自由の鐘は鳴る」でデビュー。「美貌の都」、「大学生」シリーズ、「香港の夜」シリーズ、「放浪記」などの文学作品、「あげまん」「ミンボーの女」「マルタイの女」などの伊丹十三作品に出演。映画出演本数は200本を超える。1964年「アニーよ銃をとれ」で、ブロードウェイミュージカルに挑戦し、芸術祭奨励賞を受賞。以後、「サウンド・オブ・ミュージック」「風と共に去りぬ」「マイフェアレディ」など数多くの作品の主演をこなし、第6回紀伊国屋演劇賞、第10回ゴールデンアロー賞を受賞。2012年に自身がプロデュース・演出・出演を務めるミュージカル「ファンタスティックス」を全国公演し、平成24年度文化庁芸術祭賞大賞を受賞するなど、数少ないミュージカル俳優として不動の地位を築く。
人物写真
福岡県小倉市(現:北九州市小倉北区)出身。昭和37年、「可愛いベイビー」でデビューし、一躍スターとなる。そして、中尾ミエを中心に、伊東ゆかり、園まりと共に「三人娘」としてトリオを組み、一時代を築く。デビュー当時から、歌だけでなく映画やテレビドラマでも活躍し、昭和38年に歌手では初めて映画製作者協会から新人賞を受賞している。昭和522月、札幌の有線放送で6年前に廃盤になっていた「片想い」が急上昇。これがきっかけとなり、30万枚の大ヒットとなる。表現力の豊かさ、洒落たおしゃべりには定評がある。森山良子との絶妙なコンビで行っていたトーク番組「ミエと良子のおしゃべり泥棒」などでは、その魅力を発揮し長い間人気を博していた。バラエティーでも大いに活躍しており、中尾ミエのキャパシティーの広さを物語っている。
人物写真
1990年ブロードウェイミュージカル「王様と私」来日公演に日本人キャストとして王女役で参加したのが初舞台。以来20年以上、舞台を中心に活躍。学業との両立を経てからは映像や声の仕事など、活動範囲を広げ、ドラマ「アタックNo.1」('05)や昼ドラ「非婚同盟」('09)ではメインキャストとしてレギュラー出演。また「笑顔がいちばん!」('04)ではレポーターとして富山県魚津市・福光町(現:南砺市)の魅力を伝えている。
尚、富山オーバード・ホールは1998年に「アンネの日記」で主演のアンネ役を務めており、自身にとって思い入れのある劇場。一昨年に引き続いてのジャッキー役続投にあらゆる欲を燃やしている。
人物写真
広島県出身。大学在学中にミュージカルと出会い、「ME AND MY GIRL」でビル役を演じる。卒業後、青年座研究所、音楽座ミュージカル/Rカンパニーで学び、2006年「グランドホテル」(グレン・ウォルフォード演出)にて、プロとして初舞台を踏む。以後「レ・ミゼラブル」「コレットコラージュ」「GOLD」の他、美輪明宏主演作品にも数多く出演。 また役者だけにとどまらず、多くの人にミュージカルの楽しさを知ってもらうため、ミュージカルワークショップの講師や、自ら主催するパフォーマンスグループ福広商店街のプロデュースなども勢力的に行っている。
人物写真

本間ひとし

宝田芸術学園第二期生を経て数多くのミュージカルに出演する。主な作品に「スイートチャリティー」「デュエット」「ボーイズレビュー」「スヌーピー(チャーリーブラウン)」「Where is Charlie(主演)」「ビッグリバー(トムソーヤ)」「ペーパームーン」「アニー(ルースター)」「42ND STREET(アンディー)」「ハウトゥ・サクシード」「ニューブレイン」「ヘルパーズ」「ファンタスティックス(ミュート)」「おかしいな二人」ほか多数。
又、音楽座では「シャボン玉とんだ宇宙までとんだ(主演)」「とってもゴースト(主演)」などに出演。 優しく響く声を活かした歌や数々のTV、ラジオのCMナレーション等、活動のフィールドは広く、伊勢丹及び伊勢丹系列全店舗の館内放送も勤めている。吹き替えでは、ディズニーアニメ「ミッキー、ドナルド、グーフィーの三銃士」カメのトルバドール役、「101匹わんちゃんⅡ」作曲家ロジャー役など幅広い。 [officialblog] www.hitoshinohi.com
人物写真

浅地直樹

文学座所属。1991年「好色一代男」で初舞台。以降、劇団内外の公演に数多く出演。近年の主な出演作に「犀」「クラウド9」「THAT'S芸人魂」「Scenes from American Life ~アメリカの日々~」「破産」など。名作上演シリーズ第5弾「ショウ・ボート」にはウィンディ役で出演している。
人物写真

坂井宏彰

高岡市出身。学生時代に格闘技やアクション映画に興味を持ち、卒業後砺波市で活動しているアマチュア劇団「劇団すばる」に入団。近年は、他劇団やプロデュース公演に多数参加し、年34本のペースで舞台に出演。アクションや殺陣だけでなく、様々な役に挑戦している。映像では全編富山ロケのNHKドラマ「港町相撲ボーイズ」佐島役で出演。名作ミュージカル上演シリーズには、第1弾「回転木馬」アンサンブルメンバー、第2弾「ハロー・ドーリー!」、第4弾「ハロー・ドーリー!」再演にルドルフ役として出演。普段は普通の会社員。
人物写真

石本伎市朗

兵庫県神戸市生まれ。県立神戸高校演劇部入部、同志社大学商学部卒業、兵庫県立ピッコロシアター演劇学校一期生。関西を中心に舞台・テレビドラマ・映画など様々なフィールドで出演。日米合作映画「ラスト・サムライ」ではニュージーランドロケに参加。劇団神戸在籍中、第2回上岡龍太郎演劇祭 奨励賞受賞の「源氏狂想曲」に出演。退団後 プロデュース公演「三文オペラ」・「筒井ワールド FINAL」 他 出演作品多数。近年は、「赤シャツ」(主演=赤シャツ役)、「お家さん」(明石久吉役)、「検察側の証人」(主演=ウィルフリッド・ロバーツ卿役)、名作上演シリーズ第5弾「ショウ・ボート」(ヴァロン保安官役)などに出演。また、各方面で台本・演出なども担当するかたわら、同志社女子大学の非常勤講師・大手企業研修講師なども務めている。
人物写真

柳川玄奈

富山市出身。富山女子高等学校(演劇部)在学中にCBSソニー主催「ミス・セブンティーン」北陸代表となる。その後全日空CA・チーフパーサーとして勤務。韓国延世大学語学留学、英国演劇遊学を経て明治座アカデミー10期生となり旗揚げ公演に出演。TV「ミス・セブンティーン/タモリの青春セミナー」「日韓ワールドカップは成功するか」「アドマチック天国-銀座編」舞台「一粒のいのち」「ひとでなし」、名作ミュージカル上演シリーズ第1弾「回転木馬」ミス・マリン役、第2弾「ハロー・ドーリー!」、第4弾「ハロー・ドーリー!」再演にアーネスティーナ役で出演。その他、ベリーダンス・シャンソン等。
人物写真

荒木里佳

大阪府豊中市出身。17歳で初舞台を踏み大阪音楽大学で声楽を学び渡英。フランク・チキンズやブリティッシュユースオペラで活動し、ウエストエンド「Miss Saigon」、「CATS」、「Martin Guerre」等に合格。 帰国後「FAME」(メイベル役)、「レ・ミゼラブル」、「キャンディード」、「ミス・サイゴン」、「山彦ものがたり」、「ファントム」(オペラ・ディーバ役)、「オペラ・ド・マランドロ」(ドリス役)、「パイレート・クイーン」(イヴリーン役)、「ガイズ&ドールズ」(カートライト将軍役)、「MIKADO」(カティーシャ役)、「ステッピング・アウト」(ローズ役)、「日陰でも110度」(ジャンセン夫人役)、「TRAILS」(ママ・ハーレー役)等のミュージカルやオペレッタ、『アンチゴーヌ』(イスメーヌ役)、「風と共に去りぬ」(エルシング役)等のストレートプレイに出演。2013年シャンソンコンクール東京代表。ラジオ、CMでの歌唱、ドラマ、声優等の活動も。
人物写真

松岡美桔

兵庫県出身。大阪音楽大学声楽科卒業、武庫川女子大学声楽専攻科修了。劇団音楽座に解散までの7年在籍。「美少女戦士セーラームーン」「レ・ミゼラブル」「アニー」「トウーランドット」「マルグリット」「ジキル&ハイド」等のミュージカルの他に、ストレートプレイや朗読劇にも挑戦し、ジャズやJポップまでこなす幅広い歌唱力を活かして、コンサートやライヴも行うかたわら、歌唱指導や演出などで後輩の指導にもあたり、NPO法人CARE−WAVEのノンフィクションミュージカルでボランティア活動にも精を出している。
人物写真

中本 雅俊

元ジャニーズJr.その後ダンサーへ転身。ジャズダンス、ディスコ、ヒップホップ、アクロバット等を組み入れたジャズファンキー、ヒップジャズなど幅広いジャンルのダンス力を生かし、現在はミュージカル等の舞台、また振付師としても活躍中。現在、インストラクターとして「劇団四季」・「劇団若草」等の講師も務める。主な出演作に、ミュージカル「アダムスファミリー」「SEMPO」「MOON SAGA 義経秘伝」、「9時から5時まで」「嵐が丘」「マイ・フェア・レディ」他多数。映画「あいつとララバイ」「これから物語」「いつかどこかで」、テレビNHK「紅白歌合戦」、TBS「日本レコード大賞」、日本テレビ「メレンゲの気持ち」など活動は多岐にわたる。
※このたび、ランベス・キング役として出演を予定しておりました、太田泰信が都合により降板となりました。
太田泰信の出演を楽しみにして頂いておりましたお客様には、大変申し訳ございません。
代わって、中本雅俊がランベス・キングを演じます。
人物写真

高谷あゆみ

兵庫県神戸市出身。4歳でモダンバレエを始め、幼少の頃よりピアノ、声楽、ジャズダンスなどのレッスンを行う。短大卒業後に劇団四季に入団、退団後もミュージカルの舞台を中心に活動。洗足学園音楽大学ダンス講師、ミュージカル劇団のダンス講師なども行っている。主な出演作品「コーラスライン」、「CATS」、「ウエストサイドストーリー」、「オペラ座の怪人」、「レ・ミゼラブル(マダムテナルディエ役)」、「アイガットマーマン」、「サンシャインボーイズ」、「ベガーズオペラ」、「マイフェアレディ」、「ON THE TOWN」、「ボンベイ・ドリームス」、他多数出演。
アンサンブル
准アンサンブル
オーケストラ
2015年 11/12(Thu)・13(Fri)・14(Sat)・15(Sun)
オーバード・ホール(富山駅北口正面)
© CITIZENS ARTS ADMINISTRATION CENTER of TOYAMA. All Rights Reserved.