ダークマスターになる。オール富山キャスト募集

  • ダークマスターTOYAMA
  • キャストオーディション
  • タニノクロウの世界
  • 本公演

ダークマスターTOYAMA

タニノクロウ × オール富山

2018年1月、富山オーバード・ホール舞台上特設シアターで国内最終公演を終えた岸田國士戯曲賞受賞作「地獄谷温泉 無明ノ宿」に続き、オーバード・ホールが再びタニノクロウを迎え、新たな舞台を創る。作品は庭劇団ペニノの代表作として、2003年の初演から再演を重ねて根強い人気を誇る「ダークマスター」。原作は1995年に狩撫麻礼(かりぶ・まれい)が発表した短編漫画で、タニノは物語の舞台を富山に移し、新たに脚本を書き下ろす。富山でのキャストオーディション、美術スタッフの公募を行い構成する《オール富山》の座組みで、これまでにない試みに挑戦する。

タニノが描く、もうひとつのTOYAMA

「ダークマスター」は、その土地にどっぷりと浸かり、創り上げることをひとつのテーマとしている。富山の定食屋が舞台となり、劇中の会話も方言が中心となる。自身が少年時代に生活した街は、時代の流れを経て、どう描かれるのか。物語の全貌はまだ誰にも分からない。

あらすじ

富山にある、とある食事処。超一流の腕を持つマスターが一人でやっているが、偏屈な人間性と極度のアルコール中毒のため全く客がこない。ある日、ひとりの若者が東京から客としてやってくる。自分探しをしている無職の男だった。マスターは自分の代わりにここの料理人になれと提案し、料理経験のない若者にイヤホン型の小型無線機を渡す。自分は二階に隠れ、無線を使って若者に料理の手順を伝えるというのだ。行く当てもない若者はそれを引き受け、やがて有名な行列店になる。しかし、あの日以来マスターの声は聞こえるが姿を見かけない…。

キャストオーディション

オーディション概要

募集する役柄 マスター:役年齢40~50代の男性
男   :役年齢20代~30代の男性
風俗嬢 :役年齢20代の女性
常連客 :2~3名程度(男女問わず)
募集対象・条件 18歳(高校生不可)~60代までの男女
※富山県在住、または出身者。
※マスターと男は調理シーンがありますが、料理経験は問いません。
※2019年1月からの稽古及び本番に参加出来る方。
※応募多数の場合は、書類選考をします。
オーディション
実施日
2018年8月10日(金)、11日(土)
※審査状況によって、12日(日)にもお越しいただく可能性があります。
※時間などの詳細は、8月上旬に郵送にてお知らせします。
オーディション
会場
富山市民芸術創造センター
応募方法 下記リンクボタンより応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入の上、郵送もしくはご持参ください。
応募期間 2018年6月20日(水)~7月25日(水)必着
応募
お問い合わせ先
〒930-0858 富山市牛島町9-28
(公財)富山市民文化事業団 総務企画課 ダークマスター オーディション係
TEL.076-445-5610(平日8:30~17:15)

タニノクロウの世界

演劇界で熱い注目を集める、唯一無二の世界

富山県出身で元精神科医という異色のキャリアを持つタニノクロウ。自身が主宰する庭劇団ペニノで作・演出を手がけ、国内外で数々の作品を発表。各地で高い評価を得ている。タニノのスケッチから生まれる驚異的に作り込まれた舞台美術と、意識下にあるダークサイドを喚起させながら、後々まで尾を引くような鑑賞体験は他に類を見ない。富山での公演は、2018年1月に上演された岸田國士戯曲賞受賞作品「地獄谷温泉 無明ノ宿」に続いて2度目となる。

タニノクロウ

1976年富山県出身。庭劇団ペニノの主宰、座付き劇作・演出家。セゾン文化財団シニアフェロー(2015年まで)。2000年医学部在学中に庭劇団ペニノを旗揚げ。以降全作品の脚本・演出を手掛ける。ヨーロッパを中心に、国内外の主要な演劇祭に多数招聘。劇団公演以外では、2011年1月には東京芸術劇場主催公演で「チェーホフ?!」の作・演出を担当。狂気と紙一重な美しい精神世界を表現し、好評を得る。2015年3月ドイツにて新作「水の檻」を発表。2016年「地獄谷温泉 無明ノ宿」にて第60回岸田國士戯曲賞受賞。2016年北日本新聞芸術選奨受賞、第71回文化庁芸術祭優秀賞受賞。

本公演

ダークマスター 2019 TOYAMA 公演概要

日程 2019年3月7日(木)~10日(日) 5回公演(予定)
会場 オーバード・ホール舞台上特設シアター
原作 原作:狩撫麻礼
画:泉晴紀 (株)エンターブレイン「オトナの漫画」所収
脚色・演出 タニノクロウ
美術 稲田美智子
主催 (公財)富山市民文化事業団、富山市
前の画面に戻る